相模大野駅から1駅。小田急相模原駅すぐの歯医者。専用駐車場17台駐輪場完備・痛くない治療の「しのはら歯科医院」

しのはら歯科医院


〒252-0313 神奈川県相模原市南区松が枝町9-16

はじめて受信される皆様へ

経済産業庁からの認可

新型コロナウイルス感染に対する徹底防止対策について


はじめて受信される皆様へ

 

経済産業庁からの認可

 

新型コロナウイルス感染に対する徹底防止対策について


menu

PAGE TO TOP

Drブログ

Drブログ

磨き方 ローリング法2008年3月21日 金曜日

マッサージ効果が高く、 歯ぐきの弱い人にも向いています。 ・歯ブラシの脇腹を歯と平行に当て、歯肉の上の位置から歯に向かって  手首を回転させるようにして磨きます。 ・前歯の裏側は前に掻き出すように磨き、奥歯の噛み合わせは噛み合わせの面にブラシを当てて  前に掻き出すように磨きま…

詳細へ


磨き方 フォーンズ法

「フォーンズ法(描円法)」 は特別に難しいブラッシング方法ではないので 誰にでも無理なく簡単にできます。 ・上下の歯をかみ合わせ、歯ブラシの毛先を歯面に直角にあて  円を描くように磨きます。 ・歯の裏側は、前後にブラシを移動します。 少しずつ円をずらしながら、全ての歯に当た…

詳細へ


磨き方 パス法

歯周病の予防・治療に効果的な方法。 歯と歯ぐきの間の歯垢を取り、歯ぐきをマッサージします。 ・歯ブラシを鉛筆の要領で持ち、ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に当てる。 ・毛先を歯肉の方に、45度の角度に傾ける。 ・左右に細かく往復運動させて汚れをかき出す。 歯と歯ぐきの間に入れ込んだ歯ブラシ…

詳細へ


歯ブラシの保管と管理
画像がありません

歯垢(プラーク)を取り除くために使用する歯ブラシですが、これ自体が不潔では意味がありません。歯ブラシの取り扱いに注意しましょう。 洗浄と保管 歯ブラシは使用前後に強い水流を用いて洗います。 使用後の洗浄の際には、丁寧に指を使って洗いましょう。 目安として、植毛部に汚れや歯磨き粉が白く残らないようにします…

詳細へ


歯ブラシの選び方
画像がありません

歯ブラシのヘッド(植毛部)の大きさ 大きすぎると奥歯まで届きにくいので、ヘッドの小さいものを選びましょう。 目安としては手の親指と同じ幅、あるいは上の前歯2本分の幅です。 歯ブラシの柄の形 好みで構いませんが、微妙な力のコントロールやどの歯も磨けるように、 歯ブラシの柄はストレートのものか使いやす…

詳細へ


ブラッシングテクニック
画像がありません

プラークコントロールとは? 虫歯や歯周病の予防のためには、原因であるプラーク(細菌)をゼロに出来れば良いのですが、これは不可能です。 そこでプラークの増殖を抑制し、自分の体(歯や歯肉)に悪影響を及ぼさない程度にいつもコントロールしておくことが必要です。 つまり歯ブラシなどの清掃用具により、細菌の量を減らすプラ…

詳細へ


コショウを使って誤嚥予防2008年3月19日 水曜日

以前のトピックスで 誤嚥についての話題を採り上げました。 高齢者にとって誤嚥による肺炎が死因の多くを占めるため、 介護の場で口腔ケアを行うことが重要という内容でした。 今回は、そういった誤嚥性肺炎予防に関する研究が進められたというお話です。 高齢者に毎食前、コショウの匂いをかいでもらうだけで、誤って食…

詳細へ


歯周病と全身疾患
画像がありません

肺炎・動脈疾患・心内膜症・糖尿病・早産...など、 歯周病に関連する口腔細菌が全身に及ぼす影響をご紹介します。 ■肺炎 体力を消耗した患者さんが口腔内の細菌を誤嚥すると、肺の中で歯周病菌が増殖して肺炎を起こすことがあります。 ■動脈疾患 歯周病を持つ心疾患患者の死亡率は、通常の約2倍といわ…

詳細へ


喫煙:たばこの口腔内への影響
画像がありません

歯の着色や歯肉の変色、そして歯周病の危険性が高まることです。 歯はタールの色で黄色っぽくなり、歯肉はメラニン色素の沈着で黒ずみます。 20代男性120人を対象に歯肉を調べたところ、黒ずみの有無と喫煙の有無は約8割で一致。喫煙期間が長い人や本数が多い人ほど面積も広い傾向がみられた。 また喫煙は歯肉の血行不良…

詳細へ


咀嚼 (噛むこと)
画像がありません

「よい歯と高齢社会の関係」 しっかり噛むことは、健康と深い繋がりがあります。ある疫学調査ではアルツハイマー病を発症した高齢者の歯数は平均3本だったのに対し、発症していない高齢者の平均は9本という結果が出ています。 「咀嚼は脳を刺激します。」 咀嚼システムは中枢神経と複雑に絡んでいて、脳や全身の機能とも…

詳細へ



初めて当院を受信される方へ 専門医予定表 インタビュー
設備について
Drブログ
しのビー君ブログ しのはら歯科医院に新しい仲間が増えました